日本ラジオ博物館
Japan Radio Museum
おうちミュージアムへのリンク 


当館は「おうち平和ミュージアム」に参加しています

お問い合わせ | リンク集 | 図書案内博物館(松本)案内活動方針ENGLISH |


重要なお知らせ / Important Notice

・Internet Explorer 11(IE11)のサポート中止について:
マイクロソフト社は、IE11ブラウザのサポートを2022年6月16日(日本時間)に終了しました。
当サイトをIE11で閲覧されている方は、他のブラウザ(Edge, chromeなど)への切り替えをお願いします。
・chromeをご利用の場合の不具合について:
chromeの一部のバージョンから、「お問い合わせ」よりメールを出す機能が使えないことがあります。
chromeをご利用の場合は、最新のバージョンへの更新をお願いします。


公式ブログTwitternote公式

ごあいさつ

1925年(大正14年)にラジオ放送が始まってからテレビが普及する1960年(昭和35年)頃までの約35年間、ラジオは家庭の情報、娯楽の中心でした。

また、真空管を使った電子回路の最初の応用製品でもあるラジオセットの歴史は日本のエレクトロニクス産業発展の歴史でもあります。

当館では日本製のラジオを中心に約30年にわたり収集してきた資料を、放送の歴史の流れに沿って分類、整理して公開しています。紹介している期間は世界初の放送が開始された1920年から1980年頃までですが、内容によって現代に近い時代まで取り上げています。

2012年5月から、実際に収蔵品を見ていただける施設を長野県松本市に開設しました。松本にお越しの際はぜひお立ち寄りください。くわしくはこちら
2,000点を超える収蔵品すべてを展示することはとてもできませんので、この仮想博物館もあわせてお楽しみください。


日本ラジオ博物館が本になりました
『ラジオの技術・産業の百年史』
Amazon.co.jpで購入する

常設展ガイドブックができました。くわしくはこちら(note公式)


日本ラジオ博物館(長野県松本市)のご案内

ラジオ博物館外観第1展示室第2展示室

CALENDAR

企画展情報
(note公式)

開催中

日程は新型コロナの感染状況によって変更する可能性があります

ラジオのはじまり
-日本ラジオ博物館開館10周年記念-
2022年3月19日―12月11日

戦争と無線通信
-臨時ミニ企画展-
2022年3月19日―12月11日
この企画展は戦争を考えるため、臨時に開設しました。
平和が戻ったら元の寄贈品コーナーに戻します。
その日が早く訪れることを祈っています。

終了した企画展の情報

TOP


仮想博物館展示室案内
Vertual Radio Museum


第1展示室:戦前のラジオ


第2展示室:戦時下のラジオ


第3展示室:ラジオの戦後史


第4展示室:電蓄とステレオの歴史


TOP


LATEST UPDATES

外国製電池式真空管受信機展示室にRCA Radiola V型を追加しました('22.11.9)
プラスチックラジオの普及に、ナショナルDX-475型、東芝「かなりやKS」を追加しました('22.10.28)
LP黎明期の電蓄に、42p-p 7球コンソール型電蓄を追加しました('22.10.24)
ST管からmT管へに、TEN PR-710型を追加しました('22.10.11)
戦時下の普及型受信機のクラウンK-30号型を加筆訂正しました('22.10.11)


改良のためホームページのファイル構造を予告なく変更することがあります。リンクはトップページに貼っていただくようお願いします。
The construction of web site will be changed. Please link to this top page. Thank you.

お問い合わせはこちら  Contact us

Copyright (C) 2007 Japan Radio Museum All Right Reserved
(edited from 31/03/2007)

著作、制作:日本ラジオ博物館

Last Update 2022.11.30


ほかのおうちミュージアムにも行ってみよう



Radio catalog: more than 105 000 radios with   217 000 pictures including over 90 000 schematics  plus   radio forum.
www.Radiomuseum.org

縁結び大学
縁結び大学のインタビュー記事へ


TOP