日本ラジオ博物館
第3展示室:電蓄とステレオの歴史

Japan Radio Museum - Radio Phonograph Division

ホームお問い合わせ | リンク集 | 図書案内 | 博物館(松本)案内活動方針ENGLISH |


はじめに

ラジオ放送開始から5年後の1925年から電気録音、真空管増幅器とスピーカによる再生の歴史が本格的に始まった。真空管を用いてレコード再生する装置を、従来のアコースティック式の蓄音器(注)に対して、「電気蓄音機」、略して「電蓄」と呼びました。当初輸入品のみできわめて高価だった電蓄は、国産化に伴って安くなったものの、庶民にとってきわめて高価であることに変わりはなく、一部の富裕層や喫茶店などの業務用が大半でした。

この状況は戦後も続きましたが、LPレコードが普及した1955年頃から経済成長に伴って一般家庭にも入り始め、ハイファイブームといわれました。その後ステレオ装置が普及してからは「電蓄」という言葉は次第に使われなくなり、「ステレオ」、「オーディオ」というように呼ばれるようになりました。ステレオ電蓄という言葉もありますが、ここではステレオ再生が可能な電蓄を単にステレオと呼ぶことにします。

本展示室では、当館の所蔵品および個人コレクターから提供を受けた資料により電蓄の歴史を展示しています。普及価格帯の家庭用音響機器を中心に取り扱い、純粋の業務用、放送用機器、特殊なハイエンド機器は、説明上特に必要な場合を除き省略しています。

  (注)蓄音”器”と蓄音”機”の二つの用語があるが、ここでは、アコースティック式については「蓄音器」、電蓄については「蓄音機」を用いる。
     ただし、「日本ビクター蓄音器(株)」などのように固有名詞についてはこの限りではない。

ホーム


1920-31 電蓄のはじまり

電蓄のはじまり

1932-36 電蓄の国産化

1930年代前半の電蓄

1937-45 戦時下の電蓄

電蓄の流行から禁止へ

フィルモン
-日本独自の長時間レコード-

1946-50 焼け跡からの戦後復興 -電蓄の復活-

終戦直後の電気蓄音機

1951-57 LPレコードの登場からハイファイブームへ

LP黎明期の電蓄

オーディオ専業メーカの勃興

ハイファイラジオの流行

AMラジオのハイファイ再生

ステレオ放送のはじまり

1958-70 高度経済成長 -ステレオとFMの流行

小型レコードプレーヤの普及

ステレオ電蓄の流行と普及

オーディオ専業メーカの発展

小型ステレオの流行

FM放送のはじまり

TOP


第1展示室:放送とラジオの歴史(戦前・戦中編)


第2展示室:放送とラジオの戦後史


 TOP


改良のためホームページのファイル構造を予告なく変更することがあります。リンクはトップページに貼っていただくようお願いします。
The construction of web site will be changed. Please link to this top page. Thank you.

お問い合わせはこちら / Contact us
Copyright (C) 2007 T.Okabe Japan Radio Museum All Right Reserved
(edited from 06/09/2007)

著作 制作:日本ラジオ博物館事務局

ほかのおうちミュージアムにも行ってみよう
Radio catalog: more than 105 000 radios with   217 000 pictures including over 90 000 schematics  plus   radio forum.
www.Radiomuseum.org


ホーム